介護脱毛

介護脱毛(VIO脱毛)を検討している女性に人気の医療脱毛

介護に備えてVIO脱毛(アンダーヘア)を検討している女性に人気の医療脱毛をご紹介します!

クリニック名

費用

(円)

割引

店舗

HP

アリシアクリニック 61,900

ペア割
最大2万円

14店舗
銀座・立川・池袋・横浜など

公式
サイト

リゼクリニック 99,800 なし

19店舗
東京・大阪・神奈川・京都・福岡など

公式
サイト

ジョウクリニック 58,400

学割
5%OFF

7店舗
大阪・姫路・高知・那覇など

公式
サイト

マリアクリニック 89,800

のりかえ割
最大2万円

5店舗
横浜・町田・新宿など

公式
サイト

クレアクリニック 59,486

モニター
特別料金あり

2店舗
新宿・渋谷

公式
サイト

*費用はVIO脱毛5回コースになります。
*カウンセリング・初診・再診は無料

 

介護脱毛はいつまでに始めるが一般的?

介護脱毛の疑問 

これまでご自身が介護を経験したことがある人であれば、その大変さを体感しているはずです。今後、ご自分が介護される立場になった時のことを考えると衛生面も考慮し、陰毛(アンダーヘア)を介護脱毛をした方がいいと思うのではないでしょうか。

 

では、一般的に介護脱毛はいつまでに始めるようにすればいいでしょうか?

 

いまは元気なのだからすぐに必要ないとはいっても、出来るだけ40代か50代位まで始めた方がいいといわれています。最近は、30代から始める女性が増えています。個人差はありますが、それ以降の年齢になってくると陰毛(アンダーヘア)に白髪が混じるようになり、脱毛機に反応しにくくなる為、クリニックやサロンでのレーザー脱毛が難しくなります。

 

*既に白髪が多い方は、TBCのスーパー脱毛ならVIO脱毛が可能です。(http://www.tbc.co.jp/

 

また、介護を受ける状態になってからあわてて介護脱毛を始めようとしても、脱毛クリニックにご自分で通うという方法が難しくなってしまいます。そのため、介護を受ける前に医療脱毛でデリケートゾーンのムダ毛処理を終わらせておくことで、介護を受ける人だけでなく、介護をする人も負担が少なくなるという理由で早めにクリニックで介護脱毛を済ませる人が増えてきています。

 

医療脱毛とエステ脱毛の比較表

 

医療脱毛

エステ脱毛

期間

短期間
*少ない回数でOK

長期間
*回数が多い

脱毛効果 永久脱毛 一時的な抑毛
費用 回数が少ないので総額が安い 回数が多いので総額が高くなる
ケア

医師がすぐにケアできる
治療、処方できる

医療行為ができない
リスク

医療資格者が施術を行う
*医師や看護師のみ

資格がなくても施術ができる
*スタッフ

 

一般的に脱毛後にムダ毛が生えてきては介護に備えて脱毛をする意味がないので、エステ脱毛ではなく、医療脱毛を選ぶ女性が多いです。

 

介護脱毛のクリニック一覧表に戻る

 

介護脱毛のメリットとデメリット について詳しく説明

脱毛をするのは、肌を露出する機会が多い若い女性をイメージするかもしれません。しかし、最近は将来に備えて、介護脱毛を受ける40代、50代の女性も増えています。ここでは、介護脱毛のメリットとデメリットについて説明します。

 

メリット

介護者の負担を低減させる
陰部を清潔に保つことができる
オムツによる肌荒れやニオイ対策
雑菌が繁殖しにくくなる
排泄の処理がしやすくなる

デメリット

一度脱毛すると元にもどらない
脱毛時に痛みがある
お金がかかる

 

介護脱毛のメリット

介護脱毛のメリットを説明 

40代、50代の女性がアンダーヘア(VIO)の処理を目的とした介護脱毛(VIO脱毛)を受けるメリットは、将来病気や事故で介護が必要になったときに、介護者に負担をかけさせない
また、陰毛を介護脱毛によって処理することで、介護を受ける際、他人に見られたときの恥ずかしさを低減させるメリットもあります。

 

もちろん、アンダーヘア(VIO)を処理することで陰部を清潔に保てるようになります。陰毛が生えていると蒸れたり雑菌が繁殖して、かゆみや嫌な臭いの原因になりかねません。

 

そうならないためにも、事前に介護に備えて陰毛の脱毛処理をしておけば、陰部を清潔かつ快適な状態で過ごすことができます。

 

介護脱毛のデメリット

介護脱毛のデメリットを説明 

クリニックで介護脱毛を受けるデメリットは、一度アンダーヘア(VIO)の施術を受け、陰毛をなくしてしまうと元に戻せないことです。

 

特にクリニックのレーザー脱毛は効果が高いので、永久に生えてこない可能性もあります。たとえば、陰毛(アンダーヘア)を全て処理してしまうと、温泉などに行ったときにツルツルの状態なので、恥ずかしく感じる女性もいるそうです。

 

ですから、介護脱毛を受ける前には生えてこないデメリットを十分に理解し、カウンセリングでデザインをしっかりと決めて、後悔しないようにしましょう。

 

また、VIO(下半身脱毛)は身体の中でも特にデリケートな部分なので、痛みが他の部位に比べると強いです。脱毛サロンの光脱毛なら痛みに我慢できても、クリニックの医療レーザーだと我慢できない可能性もあります。

 

痛みを我慢できないと最後まで介護脱毛を受けられないので、契約前にVIO脱毛を体験して痛みを確認しておきましょう。

 

脱毛サロンなら比較的安価に施術は受けられますが、永久脱毛ではないので介護に備えての脱毛には向いていません。

 

しかし、クリニックの医療脱毛になると費用に差があり、通うところによっては高額になるところがあるのもデメリットです。事前に料金関係について確認せず、トラブルになるケースも少なくはないので、必ず総額と効果を確認してから契約するようにしましょう。

 

介護脱毛には、介護者の負担が楽になるなどメリットは複数ありますが、それと同時に元に戻せないなどのちょっとしたデメリットもありますので、よく考えてから決めて下さい。

 

介護脱毛のクリニック一覧表に戻る

 

介護脱毛をする3つの理由 と介護に備えて脱毛しておきたい3つの部位

介護に備える中年女性 

今は元気に問題なく過ごしていたとしても、誰もがいつかは足腰が弱り、自分で自分のことが出来なくなる日がきても不思議ではありません。

 

自分のことが出来なくなった時には、介護をされる立場になりますが、当然その時には排泄の処理もしてもらうようになります。その為、介護に備えて介護脱毛を始める30代、40代の女性が年々増えています。

 

とはいえ、介護と脱毛にどうのような関係があるのか分からない人もいると思います。実は介護脱毛を行うことには複数の理由が存在し、そのなかでも特に重要な3つの理由を最低限知っておくようにしましょう。

 

介護脱毛をする3つの理由

介護脱毛をする3つの理由 

1つ目の理由は、陰部に汚れが付着しにくくなることです。

 

陰毛がある状態のまま介護士やヘルパーに排泄物の処理をされると、しっかりと処置を行ったつもりでも汚れが毛に残りやすくなってしまいます。その汚れを放置しておくと、毛から肌に移ってしまうことも多く、その結果、肌が荒れてしまうケースも珍しくはありません。

 

また、介護者の手間を減らす意味でも介護脱毛を済ませておくメリットは大きいといえます。

 

2つ目の理由は、湿気がこもりにくくなることが挙げられます。

 

介護される方の中にはオムツを常時着用している人がとても多いです。オムツだけでも蒸れやすいですが、アンダーヘアがあるとさらに水分が逃げにくく、臭いも発生しやすくなります。少しでも風通しを良くするために介護脱毛を受けることは有効な手段の一つといえます。

 

また、オムツによる蒸れが減ることによって、デリケートゾーンのかゆみや肌荒れなどが生じにくく、過ごしやすくなるメリットもあります。

 

3つ目の理由は、病気を発見しやすくなることです。

 

特に婦人系の病気は進行してしまう前に見つけることが重要です。しかし、陰毛に覆われている状態だと皮膚の状態を詳しく観察することができません。介護脱毛をしておくことで、日頃のケアのなかで簡単にチェックすることでき、ちょっとした変化にも早く気づくことができます。

 

こうした3つの理由から介護脱毛を始める女性が増えていると考えられます。

 

介護に備えて脱毛しておきたい3つの部位

VIO脱毛範囲を説明 

多くの方が介護に備えて脱毛する3つの部位は、Vライン、Iライン、Oラインです。

 

どの程度脱毛をするかは個人の考え方に寄りますが、介護脱毛を目的としている場合、すべてをツルツルにするのがベストだと考えられています。

 

しかし、>デリケートゾーンにあるすべての陰毛(アンダーヘア)をなくしてしまうと、恥ずかしいという思いがある人は無理に3つの部位を施術する必要はありません。

 

見た目の恥ずかしさを減らすためにVラインだけ残しておけば大丈夫と判断する女性も多いようです。この場合、Vラインはツルツルにせずに、形を整える程度で残しておくようにします。

 

仮にツルツルにしなくても量が減るだけでも介護をする時には楽になりますので、ある程度は残しておいても大丈夫です。ただ、IラインやOラインに関しては、完全になくしておく方がベストだという意見が多い傾向です。

 

介護脱毛を検討するときの注意点

介護脱毛を始める前の注意事項 

介護脱毛とは、先ほども説明したとおり自分が介護される立場になった時の為にアンダーヘアを永久脱毛しておくことです。

 

アンダーヘアは特に、ニオイやムレが気になるだけでなく、不潔にもなりやすいので、自分自身の衛生面と健康の為にも、介護してくださる方の為にも、是非検討するべきではないでしょうか。

 

注意点は、現在クリニック等で永久脱毛に使われている機器のほとんどが「白髪には効果がない」ということです。

 

つまり、介護脱毛を希望される場合は、アンダーヘアが白髪になってしまう前の30代、40代のうちに施術を検討する必要があるのです。

 

アンダーヘアを脱毛することで、介護する側とされる側、双方の負担が軽くなることは確かです。将来介護をしてくれる家族の為にも30代、40代になったら、介護に備えて医療VIO脱毛に踏み切ってもいいのではないでしょうか。

 

介護脱毛のクリニック一覧表に戻る